いつの日かブルーシートに覆われていた宇宙の駅での君に捧ぐ。